モデア社が提供する「歯科新補綴物 COCODENT (ココデント)シリーズ」について
かめない いたい 気持ち悪い はずれやすい すぐに割れる などなど、

入れ歯で困っている方々に朗報をお届けします!

COCODENT義歯とは、
従来よりあるWELDENZウェルデンツ)義歯などをさらに「進化」させ、それらのノンクラスプ義歯(金属バネのない入れ歯)の欠点である表面粗造化を解消した、今までのものとは全く異なる新素材です。

 

保険の入れ歯:
保険の入れ歯の場合(下図)は、総義歯にはありませんが、部分入れ歯にはそれをささえる金属製のバネ(クラスプ)の部分があります。一般に入れ歯の利点は、製作が簡単であることと、残りの自分の歯をあまり削らないことなどですが、強度を確保するためには充分な厚みを確保しなければなりません(分厚くなる→気持ち悪い)。

 

自費の入れ歯:
一方、自費の入れ歯の場合(下図)はアゴに相当する部分(金属床)も通常フレームとして金属が用いられます。使用金属はニッケルクロム、コバルトクロムまたはチタンです。金属床は確かに薄く頑丈で、フレームとクラスプを一体化させることによって適合性も良くなります。ただし歯や歯肉の部分には通常プラスチックを用いて見た目をよくします。金属床の利点は薄さと適合ですが、プラスチック部分との接合部分の強度が不足すると、たとえ金属床でもそこが割れます。ケースによりますが、修理は困難な場合もあります。

 

ノンクラスプ義歯(旧ウェルデンツ義歯など):
金属アレルギーの問題は昨今よく言われることですが、それよりも主として見た目の問題から、入れ歯の金属部分を排除したのが、ノンクラスプ義歯(下図)と呼ばれるものです。確かにこれは、軽いです。

 

しかし、入れ歯の何がいちばんの欠点かというと、

気持ち悪い!

ということですね。
もうひとつ、入れ歯が噛みにくい理由は、

がたがたする!

ということでもあります。
義歯自体は取り外して掃除しなければなりませんから、つまりセメントで接着するものではないので、どうしても「動く」という問題があります。なのでしっかりかめないということが多いわけです。

そこで、この欠点を解消するために開発されたのが「COCODENT義歯」です。

 

 

この義歯に用いられている新素材はプラスチックです。金属部分は原則としてありません。従来にも、WELDENZ義歯 を始め、巷間「ノンクラスプ義歯」と呼ばれているところの金属を使わない義歯はありました。

確かにそれらは、軽くて割れにくいプラスチック義歯でしたが、絶対に割れないというわけではありません。また長期使用で表面の劣化(ざらざらになる)や、歯肉が痩せた場合の隙間も出てきます。ところが、

修理ができない!

という最大の欠点がありました。
しかし COCODENT義歯 では、その問題をも解消し、長期にわたって安定して使用できるように工夫されているのです。

 

適合は良好でしっかりとよくかめる!

長期使用で表面がざらざらになりにくい!

軽いプラスチックなのに金属床に匹敵するくらい薄くて割れにくい!

あわなくなったり、万が一破折しても、リベース(裏打ち)や修理が可能!

 

現在、この新素材を用いた COCODENT(ココデント)義歯 は健保適応ではありません。
どのような義歯であっても、正確な診断と設計は不可欠です。
詳しくはモデア社(下記連絡先)または提携歯科医院までお問い合わせください。